読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鳥取大学 賃貸 アパート マンション

鳥取大学 賃貸 アパート の物件資料を掲載 ~エル・オフィス ~

鳥取大学 前期試験 合格発表 『 安心 入居 サポート 』 の 加入は必要?

f:id:hirobe123123:20150220182707j:plain

賃貸物件に入居する際に、ほとんどの不動産会社で

『火災保険(家財保険)』の加入を義務付けられています。

火災保険(家財保険)には、あいおいニッセイ同和損保三井住友海上東京海上など大手の損害保険会社が運営するものや、少額短期保険の会社が運営するものがあります。

運営する保険会社によって、多少の差はあるものと思いますが、

概ね、補償内容は類似しており、どの保険会社でもいいのではないかと思います。

通常は、不動産会社が損害保険会社や少額短期保険会社の代理店になっており、

その保険会社の火災保険(家財保険)の加入を義務付けています。

火災保険で補償される内容は、概ね次のとおりです。

【1】火災に関すること

  (1)入居者が火災を起こしてしまった場合、入居者には、家主に対して借りて 

     いる部屋を原状に戻す(元どおりにする)義務が生じます。

     その費用が、補償されます。

     また、自分の家財(家具や家電、衣服など)に損害が生じた場合、その費   

     用も補償されます。

  (2)隣人が、火災を発生させてしまい、類焼により、自分の家財が燃えてしま

     った場合や部屋が燃えてしまった場合には、隣人の人にその損害を請求す

     ることができません。これは、失火法という法律により、重過失がない限

     り、隣家への損害賠償の義務を負わなくてもよいとなっているからです。

     隣人に補償されないので、自身が加入している火災保険(家財保険)で、

     その損害が補償されるということになります。

     この場合も、(1)と同様に、部屋の修理代や自身の家財の補償が、保険

     から支払われます。

【2】水漏れを発生させた場合

    

     「洗濯機の排水ホースがはずれていた」など、水漏れを発生させた場合、

     

     下の階の人に、損害を与えてしまう場合があります。また、水漏れの量が  

     多い場合などは、部屋のフローリングなどにも損害を与えてしまうことも

     あります。この場合も、火災保険(家財保険)で、下の階の人の損害も、

     自身の家財の損害も、部屋を水浸しにしたことによる損害もすべて、火災

     保険(家財保険)で、補償されます。

※上記の補償があることは、ご存じの方も多いはず。。

 賃貸入居者用の火災保険(家財保険)には、こんな補償もセットになっています。

【3】落雷による損害

   落雷によって、家電に故障が生じることがあります。

   これは、建物の近隣に落雷が発生した時に、大きな電流が流れて、その大きな

   電流によって家電が故障するということです。

   この場合にも、火災保険(家財保険)で補償されます。

   雷で、家電が壊れたという場合、補償されますので、保険会社に連絡するよう

   にしてください。

【4】盗難にあった場合

   アパートで盗難にあって、家財や現金などが盗まれてしまった場合にも、

   火災保険(家財保険)で、補償されます。

   鍵や窓を壊されて、侵入されている場合、その修理代も補償されます。

   盗難にあった場合には、警察に届けるのは当然として、保険会社(代理店であ

   る不動産会社)にも連絡するようにしてください。

【5】誤って、他人の物を壊してしまった場合、けがをさせてしまった場合

   火災保険(家財保険)には、個人賠償責任保険もセットでついている場合がほ

   とんどです

   個人賠償責任保険とは、【個人日常生活住宅の使用・管理等に起因して第

   三者の身体財物に損害を与え、賠償責任を負担した場合の損害を包括的にカ

   バーする賠償責任保険です。】

   不幸にも、このような事故が発生した場合にも、保険会社(代理店であ

   る不動産会社)に、連絡するようにしてください。

【6】暮らしの救急サービス

 

  (1)鍵を失くした場合の、鍵あけ

     (2)排水やトイレが詰まった場合、故障等により水 

     があふれたなどの事故が生じた場合の

     応急修理 等

  24時間受付で、上記のサービスが受けられます。

  深夜など、不動産会社の対応時間外などには、大変役立つサービスですが、

  知っている方が少ないようです。

  火災保険(家財保険)の補償の中で、最も、発生しそうなことなので、

  活用するようにしましょう!!

 

さて、最近、一部の不動産会社では、

「入居安心サポート」 という、保険??を薦めるところも出てきています。

エル・オフィスでは、お勧めしていないので、詳細は断定できませんが、ちょっと調べてみますと、「入居者安心サポート」のサポート内容は、次のとおりのようです

1)困りごとサポートサービス

  訪問販売やマルチ商法の被害にあった場合、消費者団体や行政窓口、弁護士など

  の紹介を行うというサービス

 

2)健康医療サポートサービス

  健康について、専門カウンセラーが相談対応

3)泥棒に入られて、それが嫌で引っ越す場合の再入居費用サポートサービス

  泥棒に入られて、それが嫌で引っ越す場合、10万円を支給するというもの

4)鍵のトラブルサービス

  鍵をなくした場合などの対応

5)水回りのトラブルサービス

 

  トイレのつまりや水漏れの対応

「入居安心サポート」の補償の内容は、上記の通りのようです。

 

1)について

  そんなサービスって、必要??

  

  市役所や消費者生活センターなど、相談窓口を紹介するくらいのサービスなら

  自分で、市役所や消費者生活センターに相談すれば済むのでは!!

2)について

  調子が悪ければ、電話相談でなく、病院に行った方がいいですよね!!

3)について

  泥棒に入られた部屋は、嫌かもしれないけれど、引っ越しまで必要??

  

  盗られた家財や現金は、火災保険(家財保険)で補償されるし、壊された鍵や窓

  も火災保険(家財保険)で補償されます

4)鍵のトラブルサービス。5)水回りのトラブルサービスについては、

  火災保険(家財保険)にも、同じ様なサービスがついてます!!!

 

ということは、

「安心入居サポート」は、

    無理に加入する必要はない!!

と、考えられるように思います!!

f:id:hirobe123123:20150220182610j:plain

******************************* 

 

エル・オフィスの賃貸物件・売買物件は、

下記のサイトから、最新情報が検索できます。

f:id:hirobe123123:20130216222057g:plain アットホーム 

http://www.athome.co.jp/ahcs/loffice.html

 ******************************* 

f:id:hirobe123123:20140209180027j:plain

お問い合わせは

TEL(0857)50-1380

株式会社エル・オフィス

ホームページ:http://loffice.jp/

 

物件紹介のブログ:http://loffice-tottoridaigaku.hatenablog.jp/

                               http://hirobe123123.hatenablog.com/

                  http://hirobe123123.hateblo.jp/

                               http://loffice.hatenadiary.com/

*****************************

 郵便局の封筒にも、エル・オフィスの広告が掲載されています!!

f:id:hirobe123123:20130912131353j:plain

鳥取市内の郵便局(湖山北郵便局・湖山郵便局・本町郵便局など)では、

 エル・オフィスのロゴの入った封筒を使っていただいてます

f:id:hirobe123123:20140202131943j:plain

f:id:hirobe123123:20140202131403j:plain

f:id:hirobe123123:20140202132020j:plain

f:id:hirobe123123:20130103041413j:plain

f:id:hirobe123123:20130103041425j:plain